派遣社員のカードローン審査の仕組み

派遣社員のカードローンはどんな審査と条件になるの?

今、社会には様々な形態の雇用者がいます。正社員だけではなく、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトなど。特に派遣社員の増加は近年目覚ましいものがあります。昔に比べたら、派遣社員の扱いはぐんと良くなりました。それは正社員以外の従業員を必要とする雇用者が増加したためで、従業員がそれぞれの立場を活かしながら仕事をすることで、会社がきちんと成り立っていきます。それほど今は派遣社員などの地位が確立しているのです

では、派遣社員として働く人は、カードローンを組むことはできるのでしょうか。

カードローンの融資条件の中に、大抵「安定した収入があること」が入っています。派遣社員は、労働してきちんと収入を得ることができますので、この条件は満たしています。

では、正社員として働いている人に比べて、審査はどのように変わるのか?それはまず、正社員と、派遣社員の違いはどういう点があるかを考えてみましょう。正社員は通常継続した雇用が保証されています。しかし、派遣社員は勤続期間が限定されており、その後も不安定な状態です。そして、収入自体も格段に違います。カード会社は全額返済を前提に審査しますので、危ない橋を渡ることはせずに、返せそうな範囲での金額を提示します。従って、正社員に比べたらかなり低い貸出金額になることでしょう。

それから、カードローンを組む際には、過去と現在の借り入れ状況の詳しいチェックがされますが、派遣社員はスタートから敷居が高く設定されていますので、ここでも審査は厳しくなります。他社の借り入れや、今までの返済状況など、少しでも不安要素が思い当たる場合は気をつけましょう。

無事審査に通ったとして、では返済が始まってから、派遣先との契約が終了してしまったときはどうなるのでしょうか。

返済中に勤続先が変わるなど申込時の状況から変化があった場合は、ローン会社に伝えるのが原則ですが、伝えたからといって何が変わるわけでもありません。融資が実行された時点で、ローン会社との契約は始まっているということですから、それ自体に何も変化はおきません。つまり、何もペナルティはないし、ローンが軽減されるわけでもないということです。ローン会社は上に記述したように、派遣社員のリスクも踏まえたうえで融資を決定しているので、派遣期間終了となったらすぐに破綻するような金額は貸し出していないはずです。

しかし、派遣終了後も返済が続いていくことは確かです。カードローンを組む際は派遣会社との契約や自分の出費などをきちんと踏まえたうえで、計画的な返済を心がけましょう。